トップ > 富山 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

湿地植物 秋の装い サワギキョウなど 県中央植物園で見頃

愛らしい花を咲かせる湿地植物=県中央植物園で

写真

 富山市の県中央植物園で、サワギキョウなどの秋の湿地植物が愛らしい花を咲かせて水辺を彩っている。9月下旬まで楽しめる。

 サワギキョウは草丈が1メートル以上にもなる。数多くの青紫色の花びらが垂れ、鳥が羽を広げたような形をしているのが特徴。サクラタデはサクラのような小さな花を付けている。細長い穂先に顔を近づけると、白い花とつぼみがかわいらしい。

 植物がある南池そばの湿地ではハチやチョウも飛び交い、来場者は秋晴れの下、散歩を楽しんだ。

 園の担当者は「サワギキョウの花の色は秋らしい。秋の訪れを感じられるかな」と話している。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索