トップ > 富山 > 8月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

南砺市とアニメ「サクラクエスト」 架空都市 間野山市と姉妹提携へ

南砺市によく似た田舎町が舞台のアニメ「サクラクエスト」((C)2017サクラクエスト製作委員会)

写真

ファンの“聖地巡礼”促す

 南砺市立野原東に本社を置くアニメ制作会社「ピーエーワークス」が手掛けるテレビアニメ「サクラクエスト」と連携して地域振興を進めようと、南砺市は十月、サクラクエストの舞台で南砺市がモデルとされる架空都市「間野山(まのやま)市」と姉妹都市提携する。架空世界と現実世界を融合させ、アニメファンの“聖地巡礼”を促したい考え。(渡辺健太)

 サクラクエストは四月から毎週土曜日の深夜、チューリップテレビで放映している。東京で就職試験に落ち続けた女の子が、田舎町の観光大使となって町おこしに奮闘する姿を描いたアニメ。舞台である「間野山市」には、商店街や駅、池など南砺市で見覚えのある風景が数多く登場する。

 調印式は、十月九日に市クリエイタープラザ桜クリエで開くシンポジウムの中で実施する予定。田中幹夫市長のほか、ピーエーワークスのプロデューサー、北海道大観光学高等研究センターの山村高淑教授らが参加し、パネルディスカッションなども行う。

 二十九日に市役所福野庁舎で記者会見した田中幹夫市長は、「サクラクエストの人気を生かし、観光振興のきっかけになることを期待したい」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索