トップ > 富山 > 8月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

「笑うが先」必勝のコツ メンタルコーチ・飯山さん

高岡商の選手らの練習を見守る飯山晄朗さん=大阪府貝塚市の野球場で

写真

初戦控えチーム支える

 夏の甲子園で十四日初戦に臨む高岡商。チームスローガンは、勝てばみんなが笑顔になれるという意味が込められた「一戦必笑」だ。「笑っていれば怖くない」。選手らは試合中、いつも笑顔を意識する。そんな選手らの精神面を鍛えているのがメンタルコーチの飯山晄朗(じろう)さん(47)だ。(向川原悠吾)

 飯山さんは高岡商OBで、メンタルコーチに就いたのは四年前。月に一回程度、講習を開いている。石川の強豪・星稜でもコーチを務め、三年前に「必笑」のチームスローガンを掲げた同校が石川大会決勝の小松大谷戦で、九回裏に8点差を覆した大逆転劇の原動力となった。

 「笑うが先」と飯山さん。講習では笑顔の作り方を選手に伝えるほか、気持ちを整理したり、鼓舞したりするための技術を教える。高岡商は劣勢の場面で攻撃回を迎えると、選手全員で輪になり「一戦必笑」と唱える。指を全員で中央に集め、掛け声とともに上に上げれば気持ちを高め、下げれば気持ちを整理する。エースで主将の土合伸之輔選手(三年)は「チームに何が必要なのか、切り替えるためにしています」と飯山さんの教えを大切にする。

 「最初はできていなかったけれど、今はみんな教えたことをしっかりやってくれている。本番では問題ない」と、選手の成長を喜ぶ飯山さん。「今年のチームは力がある。自分たちの力を発揮すれば、絶対に勝てる」と信じている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索