トップ > 富山 > 7月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

万葉線「0」に運転手の顔描く 70年マーク列車、出発進行

70年記念マークの入ったアイトラムを囲む島正範さん(左)と芦田麻都佳さん(中)と園児たち=万葉線高岡駅で

写真

 高岡市と射水市を結ぶ路面電車「万葉線」が開通七十年の節目を迎え、記念マーク入りのアイトラムの運行が八日、始まった。万葉線高岡駅で発車式があり、鉄道ファンや家族連れでにぎわった。十月十五日まで運行する。(高島碧)

 記念マーク車は、万葉線をサポートする市民団体などでつくる実行委員会が企画。富山大芸術文化学部にデザインを依頼し、二年の芦田麻都佳(まどか)さんが手掛けた。マークは円形で、「70」という数字の周りを万葉線が走っている。数字の「0」は運転手の顔になっており、芦田さんは「万葉線は運転手がいつも親切なので、描きたかった」と話した。車体前後の運転席の左側にマークが一つずつ入っている。

 実行委の市民団体「RACDA高岡」の島正範会長は「万葉線はまちづくりの装置でもある。市民に活用の輪が広がりますように」とあいさつした。沿線にある高岡市の吉久ひなどり保育園の年長児十三人が、ドラえもんの歌に合わせて元気よくダンスを披露し、会場をにぎわせた。

 アイトラム五車体にマークが入り、毎日運行する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索