トップ > 富山 > 6月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

一流選手が柔道指導 富山 園児や児童向け教室

間合いをはかる遊びの手本を見せる菊池としえさん=県営富山武道館で

写真

 柔道未経験や初心者の子どもたちが、世界や国内でトップクラスの成績を残した選手に教わる柔道教室が二十五日、富山市の県営富山武道館で開かれた。園児や小学生三百人が楽しみながら基本の動きを学んだ。

 講師は二〇一〇年の世界選手権66キロ級金メダルの森下純平さん、一九九二〜九三年の全日本学生女子選手権72キロ級優勝の増田仁子さん、九五年の全日本体重別選手権56キロ級準優勝の菊池としえさん。

 未経験の子どもを対象としたクラスには七十人が参加。保護者に背中に抱きついた状態から畳に落とされる遊びで受け身を習い、腰から垂らした帯を取り合う遊びで組み手や相手との間合いの取り方を体験した。

 県柔道連盟が昨年六月に続き、全日本柔道連盟や全国少年柔道協議会と連携して開いた。射水市出身でリオデジャネイロ五輪70キロ級金メダルの田知本遥選手(26)ら有名選手の写真入りポストカードも配った。

 県柔道連盟で少年柔道を担当し、高岡市で未経験者向けの教室を開いている内河健二理事は「強化ではなく普及が目的。競技人口が減る中、こうした取り組みで裾野を広げていきたい」と話した。 (山本真士)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索