トップ > 富山 > 5月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

おしり歩きで 膝、腰 痛み軽減 元サンダーバーズ選手 藤岡さんがトレ考案

おしり歩きを実演する藤岡直也さん=富山市町村のフジレックスで

写真

 膝や腰の痛みは「おしり歩き」で改善−。プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズの元選手で、ボディーケアコンサルタントの藤岡直也さん(29)=富山市町村=が、自宅で気軽にできる独自のトレーニングを考案した。高齢者や出産間もない女性たちへの普及を目指し、二十八日に市内で無料の勉強会を開く。(山本真士)

28日、富山で勉強会

 おしり歩きは、膝を伸ばした状態で床に座り、腰回りの筋肉「腸腰筋」の動きで前後に進む運動。藤岡さんの経験では、膝や腰の痛みを訴える人は、腸腰筋が衰え、膝や腰に負担がかかっている場合が多い。腸腰筋は歩くときに脚を上げるのにも必要で、衰えると転倒の危険性も高まる。鍛えれば改善が期待できる。

 藤岡さんは兵庫県出身。プロ球団入りを目指し、関東の大学を中退。二〇〇八〜〇九年はサンダーバーズ、一〇〜一一年は群馬ダイヤモンドペガサスで外野手として活躍したが、右肩の故障の影響で引退を余儀なくされた。

 サンダーバーズ時代の知人の紹介で富山に戻り、民間企業で働いたが「自分のけがの原因は何だったのかを知りたい。同じような境遇の人を救いたい」との思いが募り、トレーナーを志した。接骨院やストレッチ・体幹トレーニング専門店に計四年勤め、今年一月、ストレッチと骨盤矯正を教える店舗「フジレックス」を自宅隣に開設した。

 おしり歩きは一四年ごろ、膝の痛みで歩けなくなった祖母(83)の姿を目の当たりにして考案。ストレッチ・体幹トレーニング専門店で顧客に伝えたところ、膝の痛みを訴えていた六十代女性が正座ができるようになるなど改善例が見られ、自信を深めた。勉強会は月一回、最低でも一年間は続けるつもり。「サンダーバーズ時代は、ボランティアスタッフやファンをはじめ多くの富山の方々に支えてもらった。今の自分にできる恩返しだと思っている」と話す。

 勉強会は二十八日午後一時から、富山市町村の町村公民館で。託児スペースも用意する。要予約。(問)フジレックス076(461)5295

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索