トップ > 特報 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

特報

戦災遺骨、民間は二の次か

写真

 空襲や沖縄戦など国内の戦災の犠牲になり、引き取られていない遺骨がまだ約四十万体ある。 本紙が八日付朝刊で報じたが、そのうち約七千体は氏名が分かっていながら納骨施設に眠っている。 戦後七十二年、国は遺骨の身元調査や引き渡しに力を入れてきたのか。 (12月19日 朝刊)

[写真]

「残された時間が少ない今こそ、遺骨名簿の公開が必要」と話す堀川惠子さん=東京都千代田区で

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索