トップ > 特報 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

特報

空襲被害者の救済を 両親が大やけど負った男性

写真

 名古屋空襲で両親が大やけどを負った清水健一さん(70)が、かつて一緒に国に補償を求めていた人たちと約二十年ぶりに交流した。 空襲被害者は元軍人のように国の補償を受けられず、両親は援護立法を待ち望みながら世を去った。 (9月28日 朝刊)

[写真]

「杉山千佐子さんを偲ぶ会」で思い出を話す健一さん(左)=24日、名古屋市中区で

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索