トップ > 特報 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

特報

裁判員公休化、法整備を 制度9年目、増える辞退者

写真

 青酸化合物を使った連続殺人事件で罪に問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の選任手続きが今月、京都地裁であり、補充裁判員を含む十二人が選ばれた。 問題は辞退者の多さ。 審理期間が長く、予想される死刑求刑への心理的負担が重い。 (6月08日 朝刊)

[写真]

最高裁。裁判員経験者は制度の改善を求めている=東京都千代田区で

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索