トップ > 特報 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

特報

空襲補償もう待てない 民間傷害者救済、法案提出へ加速

写真

 第二次世界大戦の空襲で負傷した「空襲傷害者」を救済する法案の今国会提出を目指し、超党派の国会議員連盟が準備作業を加速させている。 国は軍人・軍属のような援護制度がない民間人への補償を拒み続け、救済法案の提出自体も三十年近く途絶えている。 戦後七十二年。 (3月08日 朝刊)

[写真]

空襲で右腕を失い、被害者の救済法案成立を目指す人たちに思いを話す豊村美恵子さん(左)=千葉県柏市で

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索