トップ > 静岡 > W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜

翔太 今季初登板 広島戦3連勝に貢献

今季初登板で5回2失点と力投した先発の鈴木翔太=9日、ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

写真

 プロ野球中日の五年目のドラフト一位投手、鈴木翔太(23)=浜松市浜北区出身、聖隷クリストファー高卒=が九日、ナゴヤドームで行われた広島戦で今季初登板し、5イニングを2失点に抑え、チームの勝利に貢献した。中日は首位の広島に三連勝。今季の対戦成績を13勝11敗とし、三年ぶりのカード勝ち越しを決めた。

 鈴木翔は初回を打者三人で抑えたが、二回以降は毎回走者を背負った。味方の好守に助けられ、被安打5、5四死球ながら大量失点は免れた。

 昨季、プロ初勝利を含む5勝を挙げた右腕の今季初登板について、森繁和監督は「最低限の仕事はしてくれた」と評価した。鈴木翔は「苦しい投球にはなったけど、野手の人がよく守ってくれた」と振り返った。

(酒井大二郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索