トップ > 静岡 > W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜

翔太、2軍初白星 昇格へ弾み

先発し7イニングを無失点で勝利投手になった鈴木翔太投手=17日、ナゴヤ球場で

写真

 中日ドラゴンズ二軍の右腕鈴木翔太投手(23)=聖隷クリストファー高卒=が十七日、ウエスタン・リーグの阪神戦(ナゴヤ球場)に先発、7イニングを6安打無失点に抑え今季二軍初勝利を挙げた。制球難で今季は0勝7敗だったが、ステップを工夫した。試合は6−0で中日が快勝した。

 八月半ばの初勝利。白星の味を確かめるように翔太投手はベンチ前の最前列でナインとハイタッチを繰り返した。「やっていることができたんでよかったです」と投球を振り返った。

 開幕からこれまでウ・リーグで登板した全十三試合で失点。与四球をきっかけに崩れてきた。この日は自らステップを工夫したことで制球が改善し、与えた四球は一つだけ。阪神打線を散発6安打に封じ、7三振を奪った。

 都裕次郎投手コーチは「左打者へのスライダーが良かった」と顔をほころばせた。

 小笠原孝投手コーチも「自分で工夫をしてレベルアップしてくれたのがいいね」と合格点。次の登板でもう一度、本来の力を証明すれば、一軍昇格もありそうだ。

(後藤慎一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索