トップ > 静岡 > W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜

翔太、6回4失点 2軍ソフトバンク戦

 中日の鈴木翔太(聖隷クリストファー高卒)は23日、2軍ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(タマホームスタジアム筑後)に先発し、6回4失点だった。試合は5−5の引き分け。

 最速144キロの直球は伸びがあったが変化球でストライクを取れず、二回は2死無走者からの3連打などで一気に4点を失った。直後にはベンチで小笠原2軍投手コーチから右腕の動きの助言を受け、三回からはスライダーやチェンジアップの制球が改善。それでも、前回登板の好調を維持できなかった悔しさからか、無言のまま球場を後にした。

 小笠原コーチは「変化球が抜けていたが(試合途中に)修正できたのが収穫だね」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索