トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

回らないホイールで広報活用を 富士の企業

◆上下水道部に自転車寄贈

自転車を寄贈する鑓田利幸会長(右)=富士市の県富士総合庁舎で

写真

 樹脂成形会社サンケミカル(富士市)が26日、自社開発した「回らないホイール」を装着したラッピング自転車2台を富士市上下水道部に寄贈した。同市のマンホールの図柄「紅富士」などをプリントしており、市のPRに活用してもらう。

 サンケミカルは、住宅や自動車に使われる樹脂部品を成形するのが本業。数年前から交通事故防止を目的に、反射材入りのホイール製造を手掛ける中で、広告物としての利用に目を付けた。車輪に付いているスポークの中心部分に写真やイラスト入りのパネルを置き、車軸の中心とパネルのみを留める器具をつけることで、車輪は回ってもパネルは回転せず、常時表示することができる。

 同社の鑓田貴信専務によると、当面は自治体のPRや、レンタサイクルでの活用を想定。個人でデザインした図柄をプリントすることも可能という。

 上下水道部の担当者は、業務中の移動に使うことで「市民とのコミュニケーションのきっかけになる」と喜ぶ。鑓田利幸会長は「事故防止だけでなく、広告塔にもなる。たくさん使ってください」と呼び掛けた。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索