トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

浜北ミニバス指導者体罰 屈伸1000回、水飲ませず

 浜松市浜北区を拠点に活動するミニバスケットボールのチーム「浜北チャイルドミニバスケットボールクラブ」の三十代の男性指導者が練習時間中に複数の男児選手に体罰をしていたことが、チーム関係者の話で分かった。

 県バスケットボール協会も実情を把握。同協会西部支部によると、男性指導者も体罰を認めているといい、男性指導者に対し一年間の指導者資格の停止を求める案を決め、県バスケットボール協会に提出する。

 チーム関係者によると、男性指導者は夏ごろ、教えた通りに動けない選手に対し、膝の屈伸運動を千回するように命じたり、突き飛ばしたりしたという。猛暑の八月には一時間ほど、水分補給をさせなかったこともあったとされる。

 選手の中には膝の痛みで通院したり、救急搬送されたりしたケースがあったという。

 男性指導者は九月から、チームの指導に携わっていない。県バスケットボール協会は「暴力や体罰の撲滅をほかのチームの指導者にも伝え、徹底する」と再発防止を誓っている。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索