トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

ブレス浜松の選手と健康体操 15日に第1弾

ブレス浜松の選手と一緒に健康体操ができる朝市への来場を呼び掛ける関係者たち=浜松市中区の浜松商工会議所で

写真

 浜松市を拠点とする女子バレーボールチーム「ブレス浜松」と浜松商工会議所が共同考案した健康体操の体験会が十五日、同市中区の砂山銀座サザンクロス商店会で開かれる。普及に向けて選手が今月始めた訪問活動の第一弾。商店会の朝市に集まる市民と体を動かし、健康づくりに役立ててもらう。

 体操は、事業所が従業員の健康を大切にして業績向上を目指す「健康経営」につなげてもらおうと考案。足首、ふくらはぎ、すね、太もも、おしり、背中、腹部といった部位に力を入れたり、スクワットをしたりといった動作を立ったまま約九十秒間行う。選手の訪問は浜松商議所を通じて依頼でき、十日時点で五事業所の申し込みがある。

 十五日の体験会は午前十時半ごろから約十分間。選手に動作の手ほどきを受けながら体操に取り組む。朝市を担当する竹内呉服店の竹内豊実代表は「出店者も来場者もお年寄りが多い。体を動かすことで元気が出れば」と期待する。

 今回の朝市は、敬老の日(十七日)にちなんだ特別企画で、主に地物野菜や海産物の約三十店舗が出店。浜松商業高校の生徒による一帯の活性化に向けた活動の報告(午前九時四十五分〜)、めんこやお手玉といった昔の遊びコーナー(正午〜午後二時半)、浜松信用金庫吹奏楽部の演奏会(午後四時十五分〜)もある。

(久下悠一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索