トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

PTA会計横領 職員を懲戒免職

 PTA会計から二百九十万円を不正に引き出したなどとして、県教委は六日、県立磐田農業高校の事務職員、三輪武司主査(57)を懲戒免職にした。

 県教委によると、昨年十月から今年三月までに計二十三回、PTA会計などから約二百九十万円を不正に引き出し、百七十万円余りを着服した。昨年八月には同窓会などが生徒の国際教育のために積み立てた二十万円を横領した。

 今年四月、別の職員が会計事務を確認して発覚。磐田署は七月、業務上横領容疑で書類送検した。

 県教委に対し、「他の職員が不在の際、通帳と印鑑を持ち出した。金はギャンブルなどに使った」と認めている。

 県教委は同日、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)の罪で沼津簡裁から罰金三十万円の略式命令を受けた県東部の男性教諭(29)を停職一カ月とした。男性教諭は同日付で依願退職した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索