トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

大井川鉄道の客車 無許可で運搬疑い

◆大阪の業者逮捕

 大井川鉄道(島田市)に鉄道客車を搬入した大阪市の運送業者が、道路管理者の許可なく大型特殊車両を走行させたとされる問題で、島田署は五日、道路法違反(無許可通行)の疑いで、大阪市東住吉区住道矢田五、運送会社員永田利治容疑者(55)を逮捕した。

 逮捕容疑では、二月二十八日と三月一日、県などの許可を受けずに、大型トレーラーに鉄道客車を載せ、県内の公道を約六十キロ走行したとされる。署によると、永田容疑者は運送業者の運行管理責任者。「間違いない」と容疑を認めている。

 大鉄によると、客車は「12系客車」と呼ばれ、国鉄が一九六九〜七八年にかけて製造したレトロな雰囲気のSL客車。JR西日本から譲り受けた。大鉄が使用する時期は未定という。

 今回の逮捕に、大鉄の鈴木肇社長は「非常に残念で、お騒がせして申し訳ない」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索