トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

台風影響 JR浜松駅、足止め客であふれる

傘がめくれ上がるほどの強い風雨の中、体を前に倒し歩く人たち=4日午後3時28分、JR浜松駅前で

写真

 台風21号の影響で、JR東海は四日午前十一時以降、東海道新幹線の運転を見合わせた。東海道線でも正午ごろから午後十時半ごろまで、浜松−豊橋間の上下線で運休。身延線と御殿場線は午後二時から運転を見合わせた。このため、JR浜松駅は仕事や旅行中に足止めされた利用客であふれ、駅員が対応に追われた。

 駅構内では、運転状況に関するアナウンスが繰り返し流され、改札口近くにホワイトボードが設置され、駅員が張り紙や手書きで情報を更新した。

 テレビモニターで台風の進路予想を確認した会社員の花田美希さん(30)は、旅行で大阪から訪れた。東京の友人と浜松で待ち合わせたが、友人の乗った在来線が掛川市で停車し、浜松駅で五時間も待機した。夕方に合流し、「舘山寺での温泉はぎりぎり楽しめそうです」と話した。

運転見合わせのお知らせが張り出される中、利用者らで混み合う新幹線の改札口=4日午後4時14分、JR浜松駅で

写真

 福岡県から出張で来た会社員の石川大地さん(49)は「今夜中に川崎市に行く予定だった。朝には会合があるのに」と話し、スマートフォンで近くの宿を探していた。

 東京都の会社員の岡部英治さん(24)は合宿で自動車教習所に通っていた。「今日が卒検。みんな合格して今ごろ家に帰っているはずだった」と言い、「待ち時間で二軒も餃子(ギョーザ)店をはしご。思わぬ形で最後に浜松を楽しむことになった」と苦笑いした。

     ◇

 県内の公共交通では、大井川鉄道も四日午後二時十分以降、金谷−千頭間の運転を取りやめた。静岡空港では、朝早い札幌便など四便は運航したが、上海便や福岡便など計二十便が欠航した。

◆69万人に避難準備発令

 県によると、磐田市や袋井市、菊川市など七市町の全世帯と浜松市や静岡市など六市の一部計六十九万人に避難準備が発令された。避難所は十四市町に計二百八十一カ所開設され、四日夕現在、百七十二人が避難した。

 浜松市は午後一時、天竜区、北区、浜北区で避難準備を発令した。同市南区の河輪(かわわ)小学校体育館には午後五時ごろ、一人暮らしの高齢者ら十一人が避難。強い風の音が絶えない中、ラジオで最新情報を聞きながらマットの上で足を伸ばした。民生委員の車で避難した女性(80)は「帰っても一人なので、皆と一緒にいられるのは安心」と話した。

 静岡市は午後三時に避難準備を発令した。同市清水区の興津生涯学習交流館では、近くに住む山梨康代さん(83)の家族三人が身を寄せた。四十年以上前に台風で裏山が崩れ、自宅に土砂が流れ込んだ経験があるといい、山梨さんは「年を取って動くのも大変。早めに避難した方がいいと思った」と話した。

◆浜名バイパス一時通行止め 篠原−白須賀間

 浜松市西区と湖西市を結ぶ「浜名バイパス」は、篠原インターチェンジ(IC)−白須賀IC間(延長十四キロ)が強風のため、午後三時から通行止め。浜松方面に向かう上り線は午後八時十五分、下り線は午後九時半に解除した。この影響で迂回(うかい)路の国道301号が一時渋滞した。

◆浜松などで1190世帯停電

 中部電力によると、浜松市天竜区と北区、掛川市、富士市、川根本町などで停電が発生。ピーク時には約千百九十世帯が停電した。東京電力エリアの県東部でも御殿場、富士宮両市で約千世帯が停電した。

◆観光客の男性、強風受け転倒 JR伊東駅

 四日午後四時四十分ごろ、伊東市のJR伊東駅ロータリー付近で、市外から訪れた観光客の男性(51)が、台風21号の影響とみられる強風を受けて転倒した。

 市によると、頭を打って左側頭部から軽い出血があり、市内の病院で治療を受けた。

◆携帯電話大手3社 各地で通信障害

 携帯電話大手三社は四日、台風21号の影響で関西や四国などの広い地域で携帯電話がつながりにくい通信障害が発生したと発表した。停電や通信設備の故障が原因という。

 ソフトバンクでは三重県、奈良県、和歌山県、徳島県、高知県の一部で発生。KDDIはこれら各県に加え、静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県の一部でもつながりにくい状況となった。NTTドコモでは関西や四国のほか、愛知県や岐阜県、福井県の一部でも障害が出た。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索