トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

テレワークに挑戦 浜松で啓発イベント

テレワークを実践するシステミクスの宇佐見靖社長(左)ら=浜松市中区千歳町のAnyで

写真

 インターネットやテレビ電話を活用して職場外で仕事をする「テレワーク」の啓発イベントが二十四日、浜松市内の三会場であり、約二十社・団体が参加して新しい働き方を実践した。

 テレワークは、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに合わせ、交通機関の混雑緩和や働き方改革につなげようと政府が推奨している。イベントは全国的な強化週間(二十三〜二十七日)にちなみ、ITベンチャーのNOKIOO(ノキオ、東区)が中心となって企画した。

 三会場は中区のコミュニティースペース「Any(エニィ)」と浜松城公園、東区のシェアオフィス「Dexi(デクシィ)」。参加企業の従業員らがノートパソコンを持ち込み、思い思いのペースで仕事に取り組んだり、同僚と打ち合わせをしたりした。

 情報通信会社システミクス(西区)は、本社とAnyにいる社員がビデオ会議システムを使って仕事の進み具合や問題点を報告し合った。宇佐見靖社長は「パソコンやスマートフォンがあれば、出社しなくても打ち合わせはできる。時間を有効に使えて活動範囲も広がる」と利点を実感していた。

(久下悠一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索