トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

前伊東市長に逮捕状 1000万円収賄容疑

佃弘巳前市長

写真

 伊東市が取得したホテル跡地を巡り、売り主だった市内の不動産業者から現金約一千万円を受け取った疑いが強まったとして、警視庁捜査二課は収賄の疑いで、佃弘巳・前市長(71)の逮捕状を取った。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 市は二〇一五年七月に「伊東マンダリン岡本ホテル」跡地(同市桜木町、約四千平方メートル)を二億五百万円で購入。捜査関係者によると、この取引に絡み、佃前市長は業者から約一千万円を受け取った疑いが持たれている。二課は、跡地取得の見返りとみている。

 佃前市長は今年三月下旬、本紙の取材に、業者からの賄賂について「絶対にない。土地の売買は事務的にやった」と否定していた。関係者によると、佃前市長は、金のやりとりを認めた上で「貸した金を返してもらったもの。収賄には当たらない」としている。

 市や工事関係者によると、跡地はホテル廃業後、不動産業者が一四年十月、競売で約五千万円で取得し、約一億円で建物を解体。市は一五年七月、この業者から生涯学習施設の建設用地として二億五百万円で購入した。その後、建設計画は進まず、跡地は近くの公共施設の駐車場として使われている。

 伊東市の佃前市長の自宅前には十四日朝、多くの報道陣が詰めかけた。十三日夕方に自宅を出てから、帰宅していないとみられ、取材に応じた家族は「(佃前市長は)東京の病院に入院した」と説明した。

◆跡地購入「市長の指示」

伊東市が購入した問題のホテル跡地。現在は図書館の臨時駐車場になっている=今年4月、伊東市桜木町で

写真

 人気リゾート地・伊東市のホテル跡地取得を巡る佃弘巳前市長(71)の収賄疑惑で、市の元幹部は「取得は市長の指示だった」と話す。跡地は取得後三年近くたっても活用されず、「具体的な活用計画がないのに、なぜ取得したのか」と市議会で疑念の声が上がっていた。

 伊東マンダリン岡本ホテルの跡地はJR伊東駅から徒歩五分、広さは約四千平方メートル。運営会社はリゾート会員を募り、違法に金を集めたとして、二〇一〇年五月、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で警視庁などの捜索を受け、その後に破綻。

 運営会社のオーナーだった元暴力団組員らが一一年二月、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕されたことから、跡地は「いわくつき」とされ、取引が敬遠されていた。

 そんな土地を、市内の不動産業者が競売で取得したのは一四年十月。市によると、同年中に、市側はこの業者に購入希望を伝えていた。市の元幹部は本紙の取材に「(当時の)佃市長が『いい土地だから買おう』と指示した」と明かした。

 市は一五年六月、購入のための補正予算案を提出。市総務部長は「あれだけ広大な土地が手に入れば、これに越したことはない」と市議会で強調。老朽化した図書館などの建設用地と説明する一方、「具体的検討はしていない。時間をかけて検討する」としていた。

 工事関係者によると、売り主の業者は土地取得とホテル解体に一億五千万円余りを負担。市に二億五百万円で転売した。跡地の実勢価格は約二億七千万円とされ、佃前市長は本紙の取材に「業者に三回会い、安くしてもらった」と説明した。

 しかし、市議の一人は今年三月、「土地取得は時期尚早ではなかったか。図書館の計画は後付けで言ったような形だ」と市議会で批判。土地購入ありきではないかとの疑念を示した。この市議は、取材に「公共施設の建設は慎重に考えるべき時代で、多額の公費を使ったのは疑問だ」といぶかしがった。

(福岡範行、中谷秀樹)

◆現職の小野市長「遺憾」表情硬く

 伊東市の小野達也市長は十四日午前、市役所で報道陣の取材に応じ、「市民から心配の声が多く寄せられており大変遺憾。現時点では報道で知っただけなので、今後の状況を冷静に見守りたい」と硬い表情で語った。ホテル跡地の購入については「市の取得経緯に不正なことはないが、市に捜査が及ぶようなら協力していく」と述べた。

 佃前市長の人柄を問われると「二〇二〇年の東京五輪・パラリンピック対策をお願いするために特別顧問に就いてもらった。さまざまな実績を残しており、立派な政治家だと思う」と評した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索