トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

監禁2容疑者「犯行当日初めて会った」 浜北の女性遺棄

写真

 藤枝市の山中で浜松市浜北区寺島、看護師の内山茉由子さん(29)の遺体が見つかった事件で、監禁容疑で県警に逮捕された二十代と四十代の男二人がインターネットの掲示板で知り合い、「事件当日に初めて会った」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。二人は連れ去りへの関与は認める一方、「死亡の経緯は知らない」と話しているという。

 掲示板は地域ごとに分かれたページがあり、アクセス数が多いことで知られ、誰でも利用できる。

 二人は「女性看護師との面識がない」と供述していることから、県警は他に主導役がいて、二人は指示を受ける立場だったとみている。女性看護師は五月二十六日午後六時ごろ、浜松市中区のフィットネスクラブ駐車場で車に押し込められた。

 女性看護師は退店した直後から、男二人に付け狙われていたとみられることも判明。捜査関係者によると、二人が後をつけるように店を出る様子が店の防犯カメラに写っていた。女性看護師が車に乗り込もうとすると一人が運転席側から押し込み、もう一人が助手席に座ったとみられる。周辺の防犯カメラには、二人の仲間とみられる別の男が写っていた。

 同日午後七時ごろには、十キロほど離れた東名高速道路の磐田市内のインターチェンジ付近で、白っぽい服の男二人が女性看護師の車の運転席と助手席に座る姿が確認されている。

 車はその後に藤枝市方面へ向かい、翌日の二十七日夜には、三重県桑名市の国道を走行していたことも分かった。車は同市内で乗り捨てられていたが、女性看護師の財布や携帯電話は見つかっていないという。

 浜松東署捜査本部によると、女性看護師は二十六日午後一時ごろ、同居の親族に「市内で買い物をしてくる」と車で外出。その後連絡が取れなくなり、親族が二十八日に行方不明者届を出した。遺体は六月九日に発見された。死後二週間ほどたち、目立った外傷はなく、死因は特定できていない。

◆見知らぬ悪意 ネットで直結

本紙記者がアクセスしたインターネット掲示板。今回の女性看護師事件との関連はないが、犯罪を明示せずに仲間を募集していた

写真

 浜松市浜北区の女性看護師の遺体が藤枝市内の山中で見つかった事件で、監禁容疑で逮捕された男二人は、誰でもアクセスできるインターネットの掲示板で知り合ったとみられている。ばらばらの悪意がネットを介して一つになり、暴走する事件はたびたび起きているが対策は不十分なままだ。

 「浜松近辺で集合できる仲間募集。年齢問わず。手段の一部はこちらで用意可能。本気の人だけ」。女性看護師の事件で、逮捕された男たちが利用したものとは別だが、本紙記者がある掲示板にアクセスしてみると、こんな書き込みを見つけた。真っ黒な画面に赤い文字。先月下旬、二度にわたって同様の投稿をしていた。

 記者は興味があるふりをして書き込み主にメールを送ると三十分ほどで返信があった。「こちらはやる気はあるが、方法が思い付かない。協力して方法を見つけたら実行に移したい」

 記者は犯罪行為への加担はしぶりつつ、さらにやりとりを続けると、睡眠導入効果のある違法薬物を精製したが、自身は「つながりが少なくて機会がつくれない」とし、「知り合いで飲ませる機会をつくれるなら」「車はこちらでは用意できない」と話を進めてきた。

 その後、記者はすぐに身元を明かし、「犯罪の協力を求める行為は大きな問題」と指摘した上で、書き込みの動機など取材を申し入れたが回答はなかった。サイト管理者にも取材メールを送ったが、通じなかった。

写真

 甲南大法科大学院の園田寿(ひさし)教授(刑法学)は「素性が分からない者が集まることで、一人が捕まっても、共犯者を割り出しにくくなる。お互いに役割分担することで、実行しやすくなる」と、闇サイトが犯罪の温床となる構図を解説する。

 女性看護師の事件で、捜査関係者によると、逮捕された男たちが利用したサイトは、誰でも閲覧し書き込める大型掲示板だった。記者がアクセスしたのは別の掲示板だが、仕組みは同じだ。

 ネット上の違法・有害情報を集め、警察への通報や管理者への削除依頼をしている一般社団法人「セーファーインターネット協会」によると、二〇一七年に違法行為を請負、仲介、誘引したり、人を自殺に勧誘したりする「有害情報」は八百七十九件あった。警察によるサイバーパトロールの強化やネット利用者の意識啓発の結果、減少傾向にある半面、他人には分からない個人間のやりとりが中心で、表向きは違法性が見えにくいサイトも多い。

 園田教授は「ネット上でも基本的に表現の自由が認められている。『もうけ話がある』など文面だけでは違法だと判断できない場合がある。犯罪の具体的なやりとりが個人間のメールで行われれば防げない」と対策の難しさを指摘。「適正な摘発と処罰、(有害サイトへのアクセスを防ぐ)フィルタリングの充実など安全策を地道に積み上げていくしかない」と訴えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索