トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

「湧水全量戻す設備用意」 リニア工事でJR東海  

◆大井川系流量減対策 県の主張のむ

写真

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う静岡県の大井川水系の流量減少対策について、JR東海の金子慎社長は十三日、「いざとなれば湧水の全量を戻せる設備を用意する」と県側に提案したことを明らかにした。これまで主張が食い違ってきた県側に歩み寄りを見せた形で、対立解消の糸口になる可能性がある。

 県側は、トンネル工事で発生する湧水の全量を川に戻すよう求め、JRは工事の影響で川の流量が減った分だけ量って戻すと主張してきた。JR東海によると、今月上旬に新しい提案をした。

 JR東海は「湧水全てを川に戻せば戻しすぎになる」とする従来の主張を崩していないが、県側の主張に設備の能力面から応じる。新提案には、工事が原因でなくても渇水期の流量減少時には水を供給する方針も盛り込んだ。

 川勝平太知事は十一日、岐阜県各務原市で開かれた中部圏知事会議で「水の問題は深刻。住民には死活問題であり、リニア中央新幹線のメリットが感じられない」などと述べた。金子社長は十三日の定例会見で、知事発言に対する反応を問われて回答した。

 金子社長は「環境アセスメントでは工事の減水分を戻せば良いとされ、工事認可を受けた。それでも地元に耳を傾けることが大切だから、誠実に対応している」と再提案の理由を説明。「環境問題に真剣に取り組んでいる」とも述べ、認識不足との批判は当たらないとの見解を示した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索