トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

沼津市長に頼重氏 初当選

◆鉄道高架化を継続

沼津市長選で当選を決め、支持者と抱き合って喜ぶ頼重秀一さん=29日夜、沼津市の選挙事務所で

写真

 大沼明穂市長の死去に伴う沼津市長選が二十九日投開票され、無所属新人の元沼津市議会議長頼重(よりしげ)秀一氏(49)=自民、民進推薦=が、いずれも無所属新人の四人を破って当選した。投票率は45・13%で、現職と新人の一騎打ちとなった前回二〇一六年の40・94%を4・19ポイント上回った。

 頼重氏は、大沼氏が取り組んできたJR沼津駅周辺の鉄道高架化事業の継続や、小中学校の教育環境改善などを主張。政党や団体、大沼氏の後援会などの支援も得て、着実に支持を広げた。

 ともに元沼津市議の加藤元章(もとあき)氏(54)は「観光客倍増や地場産業の支援を通じた地域経済再生」を、山下富美子氏(64)は「鉄道高架化事業見直しや市政の情報公開促進」を、それぞれ訴えたが及ばなかった。人材派遣会社社長渡辺大輔氏(36)と、道路整備会社会長土倉章晴(あきはる)氏(73)は、知名度不足もあり支持が広がらなかった。

 当日有権者数は十六万四千二百八十三人。

(杉原雄介)

 ◇沼津市長選確定得票

当 33,037 頼重 秀一 無新 当選1

  21,811 加藤 元章 無新

  15,410 山下富美子 無新

   1,960 渡辺 大輔 無新

   1,236 土倉 章晴 無新

頼重 秀一(よりしげ・しゅういち) 49歳 無新 当選1

市スポーツ少年団本部長・NPO顧問(元)市議長・衆院議員公設秘書▽日大理工学部▽西沢田=自民、民進推薦

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索