トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

青山議員の辞職を 女性議員ら声明

◆立民に提出 セクハラ疑惑で

 立憲民主党から無期限の党員資格停止処分を受けている青山雅幸衆院議員(比例東海)の議員辞職を求め、東海四県の女性議員有志が十一日、立憲民主党に共同声明を提出した。

 声明は枝野幸男代表宛てで、週刊誌で元女性秘書へのセクハラ疑惑が報じられた青山議員に対し辞職勧告するよう要求した。声明に賛同し署名したのは静岡、愛知、三重、岐阜の女性市議・町議、計三十一人。

 声明を提出した佐藤成子静岡市議らによると、立憲民主党のジェンダー平等推進本部から「すでに党員資格停止の厳しい処分をしており、当事者同志で合意書も交わされている」と、辞職勧告しない旨の回答があったという。

 佐藤市議は「青山氏の不祥事は立憲に期待する国民への裏切りでもある。党の看板で当選したのだから、看板がなくなった時点で辞めるべきだ」と述べ、今後、党の責任を問う申し入れ書を福山哲郎幹事長宛てに提出する意向を示した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索