トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

掛川・新東名事故 「スマホに気を取られ」

写真

 掛川市原里の新東名高速道路上り線で十日、乗用車が全焼し、運転者一人が死亡した玉突き事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で逮捕されたトラック運転手大畑賢治容疑者(44)=静岡市清水区堂林=が「スマホに気を取られ、前を見ていなかった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。

 県警は十三日午前、大畑容疑者の勤務する清水区の運送会社を家宅捜索した。

 現場は、昨年十一月から最高速度が時速百十キロに引き上げられた試行区間で、死亡事故の発生は初めて。

 事故は十日午後五時二十分ごろに発生。大型トラックの大畑容疑者が減速中の乗用車に追突し、乗用車はその弾みで、前に止まっていた別の大型トラックに追突した。

 事故当時、片側二車線のうち追い越し車線が規制され、走行車線が渋滞していた。大畑容疑者のトラックのブレーキ痕は残っておらず、県警は前をよく見ていなかったとみている。勤務先の会社からは日報などを押収し、勤務実態なども調べる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索