トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

牧之原と武士、開墾の歴史 榛原高演劇部員ら熱演

奥野晃士さん(右)とともに出演する榛原高校生ら=牧之原市坂部の坂部区民センターで

写真

 牧之原台地を大茶園にした旧幕臣らを描いた演劇「最後のあだ討ち」が十六日夜、牧之原市の坂部区民センターで上演された。坂部まちづくり実行委の主催で、県舞台芸術センターSPACの俳優・奥野晃士さんや榛原高校演劇部員ら計五人が出演した。

 新政府軍に敗れた彰義隊の残党の隊長として牧之原に移り、内輪もめの責任をとって切腹した大谷内龍五郎(一八三三〜七〇年)を主人公に、移住を勧めた山岡鉄舟、開墾の先頭に立った大草高重らとの関わりを紹介した。

 奥野さんが大谷内役を、今年卒業した演劇部出身の大石悠司さんが大草役、現部長の橋ケ谷良太さんが山岡役、部員の望月七聖(ななせ)さんが大谷内の妻役を務めた。

 大谷内が切腹した場所は、島田市船木にある医王寺で、そこに墓がある。観劇した茶農家小関寿男さん(71)は「墓があると最近知った。荒れ地を開墾した武士らのエネルギーは相当だったろう」と話した。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索