トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 県内若手農家 茶の判定力競う

 第36回県茶生産青年茶審査技術競技会が5日、静岡市葵区の静岡茶市場であった。10JAから17チーム、85人が出場し、茶葉の外観から10産地を判定する競技など3種目の総合点で品質を見極める力を競った。

 その結果、JA掛川市の松浦永冶さんが40点満点で優勝。上位15人が11月30日の全国大会に出場する。団体戦はメンバー5人の総得点で争い、JA富士市(山田典彦、水野公孝、西村有平、秋山和成、真茅輝大)が153点で制した。

(松本利幸)

 ほかの個人上位者は次の皆さん(かっこ内はJA名)。

 (2)森島康博(遠州中央)36点(3)堀川佳通(遠州夢咲)35点(4)鈴木孝之(掛川市)(5)高木郷美(大井川)(6)水野公孝(富士市)(7)藤田匠(静岡市)(8)西谷祥治(ハイナン)(9)西村有平(富士市)(10)山田典彦(同)(11)戸塚勇太(ハイナン)(12)岩沢勝久(遠州夢咲)(13)松下公彦(遠州中央)(14)松川洋平(静岡市)(15)川口茜(大井川)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索