トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

お茶飲んで元気もりもり 島田の振興協が幼保小中に贈呈

「えい茶いくん」が見守る中、給食用のお茶を受け取る児童=島田市道悦で

写真

 島田市内の茶業者でつくる市茶業振興協会島田支部(石川裕司支部長)は三日、市内の幼・保育園、小中学校に給食用のお茶の贈呈を始めた。代表して同市道悦の六合小学校で、贈呈式があった。

 地元のお茶に親しんでもらおうと毎年実施し、今年は市内で生産された五百五十三キロを用意。児童五百九十人が在籍する六合小には、四十二キロを贈った。贈呈式には、島田支部のキャラクター「えい茶いくん」や、六年の給食委員九人が参加した。

 石川支部長は「体に良いお茶を飲んで、元気で活発な子どもになってほしい」と話した。児童を代表して六年山下美都里さん(12)が「心にも体にもいいお茶を、これからも味わっていきたい」と感謝の言葉を述べた。

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索