トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 荒茶1キロ平均単価 前年比8%減822円

写真

 県茶業青年団がまとめた2018年産二番茶の仕入れ調査によると、荒茶の1キロ当たり平均単価は17年の894円を8%下回る822円となった。14〜16年の3年間は700円台で低迷したが、17、18年は800円台を維持した。

 荒茶の価格帯別の数量比率は799〜600円が50・5%と最多。次いで999〜800円が34・0%、1199〜1000円が7・5%などと続く。総仕入れ量は前年より9%少なかった。

 団員47人の仕入れデータを集計した。自由回答では「品質の良い物との価格差が少ないように感じた」「下値が下がらずにやりにくい」など、生産後半に品質が落ちてきても価格はさほど下がらなかったことが指摘された。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(煎茶3万3378キロ。キロ・円)

平均     429

高値安値   892   324

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索