トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 掛川の山東組合 大臣賞 関東ブロック茶共進会

 静岡、埼玉など5県の農家が茶の出来栄えを競った第46回関東ブロック茶の共進会(関ブロ)の審査結果が25日、発表された。荒茶深蒸し煎茶の部で掛川市の山東(やまとう)茶業組合が2年連続3度目の優秀賞と農林水産大臣賞に輝いた。県勢は昨年より3点多い31点が入賞した。

 山東茶業組合は昨年、三大茶品評会の県、関東、全国大会を同じ年に制する三冠を史上初めて達成した。農水大臣賞獲得は今回で11度目となった。

 関ブロは東京、新潟などを含めた11都県から出品でき、今回は5県から荒茶普通煎茶の部に33点(うち静岡15点)、荒茶深蒸し煎茶の部に85点(同73点)、仕上げ茶普通煎茶の部に36点(同なし)が出品された。専門家14人が23〜25日、埼玉県入間市の県茶業研究所で風味を審査した。

 鹿児島県茶市場(煎茶3万8752キロ。キロ・円)

平均     431

高値安値   851   326

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索