トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 台ならし番茶やブロークン取引 葵区のあっせん所

 静岡市葵区の茶問屋街のあっせん所で24日、県内産の台ならし番茶や茶葉を粉砕したブロークンが取引された。相良、坂部、小笠、初倉、掛川など各地から届いた。1キロ当たりブロークンは400円台前半〜390円、番茶は400〜380円が多かった。

 仕入れた問屋社長は「ブロークンはティーバッグなどに生かし、番茶はほうじ茶、玄米茶向けで、9月の秋冬番茶までのつなぎ」と話した。

 坂部は初荷で大手茶商との契約分。いれた湯の色が良くなるようにもんだ。毎年の特注品で高値だった昨年より約100円安だった。榛原にも昨年より約100円安い工場があった。

 鹿児島県茶市場(煎茶3万3641キロ。キロ・円)

平均     431

高値安値   699   325

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索