トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

茶の魅力 知って得しよう 島田で夏休み子ども向け企画展

さまざまな茶葉の香りの違いが分かる企画展のコーナー=島田市のふじのくに茶の都ミュージアムで

写真

◆特徴紹介 香りの違いも体験

 夏休みの子ども向けにお茶の魅力を伝える企画展「知って得するお茶のヒ・ミ・ツ」が、島田市金谷富士見町のふじのくに茶の都ミュージアムで開かれている。九月九日まで。

 「健康」「香り」「味」「色」の各分野で、パネルを展示してお茶の特徴を紹介。お茶には虫歯予防につながる成分のカテキンが含まれていることや、酸化発酵の程度で緑茶、ウーロン茶、紅茶などと色が変わることなどを解説している。

 茶葉の香りの違いを体験できるコーナーや、「お茶の花は何色」などと尋ねるクイズもある。白井満副館長は「お茶の奥深さ、面白さに触れてほしい」と話している。

 期間中は、子ども向けお茶講座(八月四日)やお茶を飲んで種類を当てるゲーム「茶歌舞伎」(同十九日)などの関連イベントもある。観覧料は一般(十五歳以上)三百円。(問)ふじのくに茶の都ミュージアム=0547(46)5588

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索