トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 静岡茶市場で鹿児島県産3580キロ取引

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で18日、鹿児島県産三番茶が3580キロ取引された。1キロ当たり500円前後だった。品質により500円台前半から400円台半ばまで幅があった。

 前日は休み明けで3日分の製品が持ち込まれ、3万キロとまとまったが、担当者は「生育の早い場所では生産の最盛期を過ぎ、あと2、3回の持ち込みで終わる工場が多い」と説明した。

 問屋街のあっせん所には鹿児島県産三番茶が5000キロ余り入荷した。有明から連続して届き、平均は約480円。静岡県内産の台ならし番茶や茶葉を粉砕したブロークンは、400円台半ばから前半だった。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(煎茶7万9693キロ。キロ・円)

平均     418

高値安値   899   305

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索