トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

やまま満寿多園(浜岡)が最優秀 JA遠州夢咲荒茶品評会

茶葉の外観を採点する審査員=菊川市和田で

写真

 JA遠州夢咲荒茶品評会が六日、菊川市和田の同JA茶業振興センター・サエリアで開かれ、やまま満寿多園(浜岡)が最優秀に選ばれた。

 生産技術の向上と茶業振興に向け、生産者でつくる遠州夢咲茶業振興連絡協議会と同JAが開いて二十五回目。JA管内の菊川、掛川、御前崎の茶工場が一番茶の深蒸し煎茶を一点ずつ、計六十一点出品した。

 茶業関係者七人が審査員になり、茶葉の外観をはじめ、抽出したお茶の色や滋味を採点した。審査長を務めた県茶業研究センターの勝野剛・上席研究員は「深蒸しらしい良好な出品茶が多くみられた。天候に恵まれたこともあり、全体的に品質の高い茶がそろった」と講評した。

 主な結果は次の通り。

 優秀 丸池製茶(浜岡)片山製茶工場(小笠)河原崎静二(浜岡)▽優等 河原崎久夫(浜岡)マルタケ製茶(同)山本製茶(菊川)丸伍赤堀園(小笠)西方茶農協(菊川)吉沢茶農協(同)

(河野貴子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索