トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

県内産二番茶 1キロ平均736円

 静岡茶市場(静岡市葵区)が、5日現在の県内産二番茶(煎茶向けの本茶)の取り扱い実績をまとめた。

 数量は90万213キロ、1キロ当たり平均単価は736円だった。前年の最終実績(数量79万6684キロ、単価799円)と比べると数量は13%増、単価は8%安となった。

 二番茶は茶葉商品向け、飲料原料用など使い道が広い。茶工場は取引先の問屋の要望に合わせて、形状や価格帯を調整した上で生産し、価格動向は堅調だった。

 飲料原料需要に対応した産地は、数量を確保したい買い手に合わせ、芽伸びを待ちながらの生産となり、操業期間が例年より長くなった。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(煎茶3万5902キロ。キロ・円)

平均     470

高値安値   686   325

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索