トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 葵区の二番茶生産が昨年上回る勢い

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で20日、県産二番茶は6万キロ余りが取引された。雨が続く予報の中、摘み取りを急ぐ葵区の大型工場もあり、数量が伸びた。工場主は「今期の最高量となり、生産量は昨年に届いた。これから上乗せされる。昨年はてん茶を栽培したため、減った分もある」と話した。

 別の大型工場主は「生葉量は5万キロ余りで昨年の1・4倍。昨年は生産量が少ない年だった」と説明。昨年の2倍の生産量を確保した工場もあるといい、葵区の生産量は昨年を上回りそう。

 富士地区は生産の最盛期で、沼津地区も出荷工場がほぼそろって盛期に入った。沼津地区は1キロ当たり700円前後の品が多く、5〜10円の値下げが続く。

 問屋街のあっせん所では、飲料関連業者に仕入れが限られてきた。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは9436キロを扱い、平均は前回と同じ701円。JA森は7925キロを扱い、平均は前回比27円安の697円だった。雨をはさみ、葉は硬化したが売れ行きは良好。最終品を売る工場が多く、出荷を続ける工場は半分になった。

 掛川・小笠 掛川茶市場は4万454キロで、平均は前回比15円安の691円だった。サエリアは25工場の2万8520キロで、850〜650円だった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は1万5505キロで、平均は前回比10円安の710円だった。

 牧之原 牧之原の坂部と榛原を扱うあっせん業者によると、生産量は前年比15%増の見込み。

 藤枝 JA藤枝は5工場の2954キロを入荷。750円以下が人気。藤枝かおり品種は1250円だった。

▽静岡茶市場(県内煎茶6万4531キロ、県外煎茶1万8704キロ。キロ・円)

沼 津    700   660

美 和   1080   810

藁 科    930−

しづはた   860   800

清 沢   1100−

大 川   1140  1040

磐 田    730   690

▽静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)

坂 部   750    740

榛 原   740    730

菊 川   720    710

勝間田   750前後

相 良   750−

金 谷   750    730

磐 田   730    700

東 部   730    650

▽鹿児島県茶市場(煎茶3万6244キロ。キロ・円)

平均     568

高値安値   980   369

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索