トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 清水区の両河内 出荷始める

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で10、11の両日、県産二番茶は各地の品が取引された。同市葵区の山間地物は1キロ当たり1000円前後の品が多く、売れ足は早かった。同市清水区の両河内は出荷を始め、沼津地区の出荷工場の顔触れは半分近くに増えた。

 問屋街のあっせん所にも各地から持ち込まれた。800円から700円台半ばの品が多く、値下げ幅は10円程度と小幅だった。

 あっせん業者は「兼業農家が多く、10日の日曜は雨が降る前に摘み取って生産しようという人が目立った。台風に伴う塩害も懸念して摘み取りを進めた。このため、一定の量がまとまった」と話した。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは10日が1万1240キロ、平均757円。11日は8218キロ、平均755円だった。JA森は10日が6430キロ、平均807円。11日は4903キロ、平均808円だった。

 掛川・小笠 掛川茶市場は10日が3万8099キロ、平均772円。11日は2万6379キロ、平均759円だった。サエリアは10日が4万6757キロ、860〜700円。11日は2万7236キロ、1100〜710円だった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は10日が1万6935キロ、平均780円。11日は5851キロの扱いだった。JA川根は11日、1682キロ、平均903円だった。

 牧之原 牧之原市の共同茶工場の一部は芽伸びを待って生産を休んでいる。

 藤枝 JA藤枝は10日に6工場の2402キロを扱い、1250〜780円。11日は6工場の1402キロを扱い、1170〜740円で普通蒸し茶の800円前後に人気があった。

 静岡茶市場(県内煎茶7万8493キロ、県外煎茶3万8426キロ。キロ・円)=11日

清 水   1050   800

美 和   1350   830

藁 科   1120   850

しづはた  1000   930

あさはた   970   860

玉 川    950   800

川 根   1150  1050

磐 田    830   730

     ◇

宮 崎   1200   780

鹿児島    930   700

 静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)=10日

初 倉   780前後

勝間田   800前後

坂 部   800    780

榛 原   800    780

菊 川   800    770

小 笠   800    760

 鹿児島県茶市場(煎茶15万8189キロ。キロ・円)=11日

平均     736

高値安値  1399   409

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索