トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 山間地物、若い芽で形良好 県産二番茶

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で6日、県産二番茶は3万キロ余り取引された。葵区の山間地物は1キロ当たり1200円前後の品があり、茶商は「みる芽(若い芽)で形が良く、一番茶にブレンドできる」と買い求めた。さらに「雨の後は葉の色も乗ってくるので1000円くらいで仕入れたい」と話した。

 値ごろの1000円以下を求める買い手もあったが、初荷を持ち込んだ農家は「周囲の個人農家の多くは二番茶を生産しない。採算割れの恐れがあるから」と話した。

 平野部物の800円前後を買っている茶商は「価格が変わらない状況」と話した。

 問屋街のあっせん所では磐田、榛原などの県産二番茶が800円台前半を中心に取引された。前日からの値下げは10円程度だった。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは7577キロで平均818円だった。JA森は約3000キロで平均946円だった。出荷を始めた工場は半数弱。

 掛川・小笠 掛川茶市場は2万2245キロで、平均853円。サエリアは1万9105キロで高値1100円、安値730円だった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は9642キロを扱い平均840円。高値は被覆茶で1200円。

 牧之原 牧之原市坂部の共同茶工場の販売担当者が、静岡市葵区の茶問屋街に初荷を持ち込み、「雨不足で芽伸びがやや鈍かった。6日は恵みの雨」と話した。

 藤枝 JA藤枝は1469キロを扱い、1300〜830円。高値はみる芽の品。買い手は雨の前に良品を求めた。

▽静岡茶市場(県内煎茶3万1750キロ、県外煎茶2万3889キロ。キロ・円)

清 水   1150   950

磐 田    850   740

     ◇

宮 崎   1250   820

鹿児島   1150   700

▽静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)

磐 田   800    750

▽鹿児島県茶市場(煎茶24万5949キロ。キロ・円)

平均     812

高値安値  1650   519

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索