トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 磐田豊田などの県産二番茶取引

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で2日、県産二番茶は磐田豊田、島田初倉、袋井三川、清水小島などが取引され、あっせん所には相良、牧之原勝間田などから入った。1キロ当たり1350〜1000円と800円前後に二分する値動きだった。

 鹿児島県本土物の二番茶は頴娃(えい)、知覧、有明から入荷した。茶市場でゆたかみどり品種は1100〜800円でほぼ横ばいだった。本土物を例年買っている茶商は「今年は価格が下がらないままで、高いなと思う年」と話していた。

 茶市場は4日以降、県産二番茶の取引で昨年と同様に入札コーナーを設ける。

(松本利幸)

 掛川・小笠 掛川茶市場は5日、二番茶の開始式を開き、取引内容の公表も始める。

 島田・金谷・川根 JA金谷は208キロを扱った。

▽鹿児島県茶市場(煎茶14万8799キロ。キロ・円)

平均     894

高値安値  2501   455

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索