トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 新茶販売額 5〜10%増見込む

 静岡市葵区の商店街の茶専門店主は、4〜5月の新茶販売額について、前年より5〜10%は増えそうという見通しを示した。生産が早まり、例年より早く売り出せたことを要因に挙げた。

 店主は「生育は遅いより早い方が良い。販売に向けての段取りも整えやすい。品質が良く、お客さんからも甘みがあると評判が良かった」と振り返った。

 郊外にある別の専門店主は、前年4〜5月の販売実績を5月末を待たずにクリアした。「新茶に加えて、急須や水出し用ボトルも売れ行きが良かった」と話す。「4月から売り出せると、大型連休でのレジャー消費前となり、急須も買っておこうかという気持ちになるのではないか」と推測した。

(松本利幸)

▽静岡茶市場(県内煎茶7217キロ、県外煎茶994キロ。キロ・円)

▽鹿児島県茶市場(煎茶3624キロ。キロ・円)

平均     841

高値安値  1200   577

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索