トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

牧之原市の新人職員が来庁者に新茶サービス

茶娘の衣装を着て来庁者に新茶を振る舞う女性職員=牧之原市役所で

写真

 牧之原市は七日、今春採用された新人職員らが来庁者に地元産の新茶を振る舞う呈茶サービスを始めた。十日までの午前十時〜午後三時に榛原、相良両庁舎で行う。

 榛原庁舎ではこの日、四人が二人ずつ交代で実施した。新人職員は四月に庁内研修でお茶の入れ方を学んでおり、湯量や茶葉の量などに気を配りながら急須で湯茶を入れていた。

 女性職員は茶娘の衣装を着て、来庁者に「地元の新茶をいかがですか」と笑顔で配っていた。 

(佐野周平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索