トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 多くの生産者 雨で作業控え

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で4日、静岡新茶が1万キロ余入荷した。前日朝までの雨の影響で、生産を中止する農家が多かった。

 安倍川、藁科川沿いの山間地の出荷工場は前日の3分の1程度。個人工場が主で、1キロ当たり2000円台の取引が多く、価格はほぼ横ばい。

 問屋街のあっせん所では、県東部から前々日製造分が少量入荷。被覆茶は2000円台半ばだった。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは4195キロで前日の半分程度だった。平均は前日比157円安の1024円。JA森は取引がなかった。管内の生産量は前年より少なそう。

 掛川・小笠 掛川茶市場は休み。サエリアは少量の持ち込み。

 島田・金谷・川根 JA金谷は少量の取引だった。

 牧之原 あっせん業者によると、今季の終値としては高い2000円台で生産を終えた工場があった。

 藤枝 JA藤枝での取引はなかった。

▽静岡茶市場(県内煎茶1万953キロ、県外煎茶3022キロ。キロ・円)

清 水   4000  1200

美 和   3000  1600

藁 科   4200  1280

しづはた  5000  1250

あさはた  2500  1400

玉 川   3500  1600

清 沢   3300  2000

大 川   3600  3300

▽鹿児島県茶市場(煎茶2万4491キロ。キロ・円)

平均    1065

高値安値  2345   719

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索