トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

問屋やお茶取引見学 静岡市で「朝活ツアー」

写真

 静岡市葵区の茶問屋街で三十日、問屋の仕事場や静岡茶市場の取引を見学する「朝活ツアー」があった。旅行会社「そふと研究室」(葵区)が催し、家族連れら八人が参加した。

 問屋「サスナカ牧野商会」では、牧野直(なおし)社長=写真(左)=が仕事内容を解説した。参加者は農家から買い付けた原料の荒茶と、問屋で風味を調えた仕上げ茶を飲み比べるなどして、問屋の技を体感した。

 茶市場では、増井良夫前社長の案内で、売り手のJA職員と買い手の茶商の価格交渉を市場社員が仲介する取引の様子を見て、茶の品質鑑定について理解を深めた。

 家族四人で参加した葵区の会社員石躍(いしおどり)勉さん(45)は「転勤族なので静岡を満喫したいと思い参加した。お茶の種類の多さを知りました」と話し、長男で小学六年の光輝君(11)は「お茶は勉強することが多く面白い」と振り返った。

 ツアーは早朝六時集合で十日まであり、二、九日は満員。参加費五千円。申し込みは前日午後六時まで。(問)そふと研究室=054(272)0525

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索