トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 摘み取り 県全域に広がる

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で25日、静岡新茶3万キロ弱が入荷した。前日は昼前から雨で、半日の生産となり、入荷量は前日比1万キロ減。ただ、玉川や岡部、天竜、川根など生育の遅い産地からも届き、摘み取りは県全域に広がった。

 雨が降ると通常強まるみる芽(若い芽)を買い求める動きがあまりなく、1キロ当たり3000円以上の品は商談に時間がかかった。4000円以上は買い手の目に留まる品でないと売りにくくなっていた。

 問屋街のあっせん所では県東部から初荷が届き、産地が出そろった。1500円前後は引き合いがあったが、あっせん業者は「大手は買い付け数量を増やしているが工場を絞っている。どの工場も購入するわけではない」と話した。 (松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは1万1334キロ、平均2067円。前日比で数量は8%減、平均10%安。JA森は2259キロ。平均は前日比105円安の3755円。

 掛川・小笠 掛川茶市場は2万9191キロ。平均は前日比212円安の2906円。JA遠州夢咲は3万3884キロで前日比29%減だった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は1万5167キロ。JA川根の平均は4130円。

 牧之原 勝間田は生産の最盛期。坂部の3大型工場はあと3〜5回で販売を終える。

 藤枝 JA藤枝は9工場の2522キロ。雨をはさんで品質が低下する前に良品を確保する買い手の意欲が高まった。価格は幅広いが、3000円台前半と1000円台後半の品が多い。

▽静岡茶市場(県内煎茶2万8171キロ、県外煎茶6485キロ。キロ・円)

沼 津  1750  1350

清 水  6000  2100

美 和  4400  2300

藁 科  5000  2000

しづはた 4100  2200

あさはた 4300  2250

玉 川  5000  1900

磐 田  2000  1200

天竜北遠 5000  2000

▽静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)

初 倉  1750前後

勝間田  1900前後

坂 部  1900  1500

榛 原  2300  1500

菊 川  2200  2000

小 笠  2500  1700

相 良  2000  1500

▽鹿児島県茶市場(煎茶6万6295キロ。キロ・円)

平均   1544

高値安値 4821   669

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索