トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 入荷量 前日比2割程度の伸び

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場は24日、静岡新茶の入荷量が前日比24%増の4万キロ弱となった。出荷者が日々増える中、伸びが2割程度にとどまり、農家は「4月上旬にやや冷えて以降、芽伸びが抑えられている」、別の農家は「芽数が少ない」と話した。

 豊田と福田ケ谷の2工場が生産を終えた。数量は前年並みという。沼津の顔触れは半分そろった。

 1キロ当たり4000円台以上の上級品でも買い手が定まっている品の商談は早い。5000円台で売った農家は「高価格帯で昨年より量があるので助かる」と振り返った。

 問屋街のあっせん所には静岡新茶が各地から届いた。初倉、御前崎で生産を終える工場が出始めた。取引では2000円前後の品が多い。1500円で今季初めて下げ止まり感が出た。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは1万2337キロ、平均2293円。前日比で数量は27%増、平均14%安。JA森は7089キロ。平均は前日比271円安の3860円。

 掛川・小笠 掛川茶市場は3万6800キロ。平均は前日比357円安の3118円。JA遠州夢咲は4万7673キロで前日比16%増だった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は1万8089キロ。JA川根の平均は4880円。

 牧之原 坂部の共同工場の一部は自社販売用の茶を確保している。

 藤枝 JA藤枝は14工場の3180キロ。雨予想の時は高まる仕入れ意欲が高まらなかった。買い手は一段下の価格帯に仕入れを移したい様子だった。

▽静岡茶市場(県内煎茶3万8864キロ、県外煎茶1万3911キロ。キロ・円)

沼 津  2000  1400

清 水  6000  2300

美 和 15000  2200

藁 科  5200  2300

しづはた 8300  2200

あさはた 4700  2500

玉 川  9300  4500

清 沢  4400−

磐 田  2200  1200

天竜北遠 4500−

       ◇

高 知  3500  1700

宮 崎  2200  1500

鹿児島  2100  1300

▽静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)

初 倉  1800前後

勝間田  2000前後

坂 部  2000  1600

榛 原  2300  1500

長 田  2000  1700

清 水  2300−

菊 川  2500  2000

小 笠  3000  1700

相 良  2000前後

▽鹿児島県茶市場(煎茶11万4712キロ。キロ・円)

平均   1683

高値安値 6159   639

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索