トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

「つゆひかり」の新茶サービス 御前崎市

つゆひかりの新茶を振る舞う茶娘たち=御前崎市役所で

写真

 御前崎市が販売に力を入れる早生(わせ)品種「つゆひかり」の新茶サービスが二十三日、市役所で始まり、茶娘や市職員らが来庁者にお茶を振る舞った。五月一、七日午前八時半〜十時にもサービスがある。

 市や茶商、生産者らでつくる市茶業振興協議会と御前崎つゆひかり普及会などが「モーニング茶ービス」として午前中に実施。のぼりや法被で地元茶をPRした。

 県内で栽培される茶の大半を占める「やぶきた」に比べ、つゆひかりはまろやかで渋味が少なく、鮮やかな緑色で香りが豊かだという。 

(河野貴子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索