トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 今季最高の入荷量 静岡市葵区の茶問屋街

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場で23日、県内24産地が上場した。東部の茶工場もそろいつつあり、前日比3300キロ増の3万キロ余が入荷。安倍川、藁科川流域の茶は品質によって価格差が大きくなった。はさみ摘み2回目で、1キロ当たり5000円で早々売れた品もあった。

 問屋街のあっせん所は県中西部の平野部物が主で、今季最高の入荷量。2000円前後が多かった。好天が続いたため、「味、香りが乗った旬の品。まとめ買いする大手もあった」と話すあっせん業者がいた。

 ただ、全般的には引き合いは弱め。問屋の仕入れ担当者は「たくさん購入したいし、買うのは気持ちが良い。ただ、仕入れ量は昨年並みを計画し、得意先が好む茶を探している」と語った。

(松本利幸)

 袋井・森 茶ピアは9718キロ。平均は前日比315円安の2667円。JA森は7658キロ。平均は前日比542円安の4131円。

 掛川・小笠 掛川茶市場は3万キロ余、平均3475円。高価格帯は1000〜500円の値下げで全体的に品質に応じた値下げ幅だった。JA遠州夢咲は4万1195キロで価格は6500〜1700円。

 島田・金谷・川根 JA金谷は1万9406キロ。JA川根の平均は4888円。

 牧之原 勝間田の5共同工場は米国輸出に対応した農薬の使い方を昨年に続いて今年も続けている。

 藤枝 JA藤枝は11工場の2576キロ。買い手は3000円台半ばから2000円台後半に関心がある。価格帯は4000円台は3000円台、3000円台は2000円台へと移った。

▽静岡茶市場(県内煎茶3万1415キロ、県外煎茶1万4166キロ。キロ・円)

清 水  6000  2500

美 和 11000  2200

藁 科  5700  2000

しづはた 8600  3300

あさはた 5000  2300

玉 川  9200  4000

磐 田  2500  1300

天竜北遠 5000−

       ◇

高 知  2500  1500

宮 崎  2700  1450

鹿児島  2100  1150

▽静岡市葵区茶あっせん所(キロ・円)

初 倉  1800前後

勝間田  2200前後

坂 部  2300  1500

榛 原  2300  1500

菊 川  3000  2700

小 笠  3500  2000

御前崎地頭方

     1600  1500

相 良  2600  1600

▽鹿児島県茶市場(煎茶11万2365キロ。キロ・円)

平均   1678

高値安値 7900   755

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索