トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

献茶 茶業繁栄願う 島田・大井神社 舞奉納なども

献茶する島田市茶手揉保存会島田支部の冨永忠夫支部長=島田市大井町の大井神社で

写真

 島田市内で新茶の初取引式があった十八日、同市大井町の大井神社で、市茶業振興協会による献茶式が営まれた。

 今年は三月に暖かい日が続いたことから生育は順調。式典には、市茶手揉(てもみ)保存会島田支部(冨永忠夫支部長)のメンバーが事前に収穫し、手もみした新茶を用意した。市茶業振興協会会長の染谷絹代市長やJA、茶業関係者ら約五十人が出席。祝詞奏上の後、冨永支部長が神前に茶をささげた。浦安の舞奉納や玉串奉てんもあった。

 この後、関係者はJR島田駅前にある栄西禅師像前で、茶業繁栄を祈願した。

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索