トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

茶娘衣装で新茶初摘み 森町

新茶の手摘みに励む参加者=森町中川で

写真

 本格的な新茶シーズンを控え、森町の茶農家でつくる町茶業青年部と茶商の町茶業青年団は十一日、同町中川のハウス茶園で新茶の初摘みを行った。

 良質茶生産への意欲向上と情報交換が狙い。約三十人が参加、ハウス内でもえぎ色の新芽を手際良く摘み取った。町キャンペーンガールも茶娘姿で手伝った。

 JA遠州中央の森町担当者によると、今年は昨年に比べて七〜十日ほど生育が早いという。町内では露地物は早生が十六、十七日ごろ、やぶきた種が二十日ごろから摘採が始まり、新茶シーズン本番を迎える。

(土屋祐二)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索